特別養護老人ホームの設計

上写真は先日弊社が大阪で設計した特別養護老人ホームです。こちらの物件は元々は小さな地元のアトリエ系設計事務所が設計していましたが、事業予算を数億円単位でオーバーし事業が中断していました。事業の種類から初期費用である建築費を抑えるという事は非常に重要となります。困った施主は弊社の方で設計図を書き直すよう依頼して頂きました。他社で一度設計しているので躊躇しておりましたが、結果弊社で仕事を引き受ける事にしました。10000㎡弱の大規模な建物なので簡単ではありませんが、急遽老人ホームに強い技術者を中心に設計チームを作りました。設計は建築物の規模はそのままとし特別養護老人ホームの機能性や利用しやすさを高める共に、構造的にも無理がかからないよう最適な設計をしました。最終的には、初期の設計時にゼネコンから出ていた建築費の約3割にあたる7億円の建築費を圧縮する事ができ事業予算内に建築費をおさめる事が出来ました。こちらの特別養護老人ホームは2013年3月無事竣工しました。